IMG_0471
onudetext

小豆島・大鐸について

大鐸(おおぬで)は、瀬戸内海に浮かぶ小豆島の真ん中にある農村です。
山々に囲まれた狭い地域ですが、山の斜面には段々畑、谷あいの平地には田んぼが広がっています。

大鐸は、肥土山(ひとやま)、笠ヶ瀧(かさがたき)、黒岩(くろいわ)、小馬越(こうまごえ)の4つの集落からなります。
肥土山農村歌舞伎や太鼓祭りなど、それぞれの集落に昔から続く伝統・文化、そして暮らしがあります。

大鐸営農部会について

私たち「大鐸営農部会」は、小豆島・大鐸で、主に米、いちご、柑橘などを栽培しています。

大鐸営農部会では、1年を通して農業体験や収穫祭などを企画していきます。
田植えや稲刈り、野菜の収穫などの畑作業、味噌作りなどの体験を通して、自分の手でものを作ることの楽しさ、昔から続く農村暮らしの豊かさを感じていただければと思います。

大鐸へのアクセス

最寄りの港

土庄港より車で約15分、レンタサイクルで約30分
池田港より車で約20分

小豆島オリーブバス

大鐸(おおぬで)線 「下黒岩」「肥土山」バス停
北廻り福田線 「黒岩」「小馬越」バス停
※時刻表、路線図などは小豆島オリーブバスのWebサイトをご覧ください。